加藤 義実 V金10号 ダマスカス 菜切包丁 165mm 赤合板柄

加藤義実

Kin-VG10-NA165

加藤 義実 (かとう よしみ)

加藤義実は、福井県の武生で活躍している鍛冶職人です。鍛造技術を追求し、切れ味が良く、使いやすい包丁の製作に日々力をいれています。彼の作る包丁は、日本だけでなく、海外でも高く評価されており、彼自身も年に数回海外に行き、現地のシェフに使いごこちを聞いたり、さらに使いやすい包丁の研究に取り組んでいる鍛冶屋さんです。



【製品仕様】
種類: 菜切包丁
刃の素材: V金10号 (ステンレス -錆びにくい素材です)
刃の硬度: 60-62
刃付け: 両刃
刃渡り: 165mm
刃幅: 54mm
刃厚: 2mm
柄の素材: 赤合板柄
桂の素材: ステンレス
柄の長さ: 114mm
重さ: 172g

ご使用上の注意
※凍った食品や骨を切ったり、叩いたりしないでください。刃こぼれする原因となります。
※お湯で手洗いし、その後、乾いたタオルでしっかりと水分を取ってください。
※食器洗浄機のご利用はお控えください。

カテゴリー: VG10, ダマスカス, 両刃, 赤合板柄


関連商品