柳刃

柳刃包丁とは

薄刃包丁と同じく関東のものと関西のもので形が異なり、関東のものは切っ先が無く、四角い形です。 関西のものは刃はまっすぐであるが、先端はとがっています。 関東型のものを蛸引きといい、関西型のものは形から柳刃包丁や正夫(しょうぶ、当て字・菖蒲の葉の意)とも言います。 通常は片刃であり、裏側に裏透きと呼ばれるへこみがあります。要するに柳刃包丁は刺身包丁の一種であるというわけですね。

 

柳刃包丁は今や全国的な包丁となっており、料理人はもちろん、料理好きの一般人や主婦の方も多く愛好しています。

















1 2 3 5 次 »