骨スキ

骨スキ包丁とは

骨から肉をはがす特殊な業務用包丁のことで、主に海外で使用されています。日本では骨スキやガラスキと呼ばれる独自の包丁を使います。これは刃が柔らかく撓ることができるため、複雑な骨に付いた肉をきれいに剥ぎ取ることができるのです。骨スキとガラスキは大きさが違い、大きくて長いガラスキは、鳥を処理するのに多く使われています。サバスキとは食肉業界で使用する骨スキ包丁に使用される名称です。