黒﨑 真

黒﨑 真(くろさき まこと)

黒﨑真は福井県鯖江出身の研ぎ師です。
彼の包丁の研ぎに対する研究熱心な姿勢は本当に素晴らしく、その証拠に彼が研いだ包丁は、気持ちいいと思う程の切れ味で、且つ永切れします。
彼の弟の黒崎優も鍛冶屋であり、二人で日本で最も有名なナイフ雑誌『ナイフマガジン』の表紙を飾った事もあります。
切れ味もさることながら、繊細で洗練されたデザインの包丁は女性にも人気があります。