田中 誠貴 銀三鋼 梨地 三徳包丁 165mm ウォルナット柄

田中 誠貴

Tanaka-S3-N-SA165

田中 誠貴 (たなか しげき)

兵庫県三木市出身の日本でも有数な鍛冶職人です。福井県武生市で伝統工芸士の職人に付き片刃の包丁づくりの修行をし、誠貴作というブランドを立ち上げました。両刃、片刃の包丁どちらも作れる数少ない職人の一人です。海外でも田中氏の包丁は、なかなか手に入れることができない程の人気です。日本においては、『TV 行列のできる相談所』にも取り上げられ、ゴスロリとコラボした包丁などこれまでの価値観にとらわれず伝統を継承しつつ意欲的に新しい形の包丁づくりをされている鍛冶職人です。切れ味もさる事ながらデザイン性にも優れており、見ているだけでも美しい包丁です。

【製品仕様】
種類: 三徳包丁
刃の素材: 銀三鋼 (ステンレス -錆びにくい素材です)
刃の硬度: 59-61
刃付け: 両刃
刃渡り: 165mm
刃幅: 46mm
刃厚: 2mm
柄の素材: ウォルナット柄
桂の素材: 合板
柄の長さ: 127mm
重さ: 200g

ご使用上の注意
※凍った食品や骨を切ったり、叩いたりしないでください。刃こぼれする原因となります。
※お湯で手洗いし、その後、乾いたタオルでしっかりと水分を取ってください。
※食器洗浄機のご利用はお控えください。"


関連商品