池田 拓視(いけだ  たくみ)

安立打刃物は、1870年代に鍛冶屋を創業。 4代目である勝重氏は50年以上にわたり鍛冶屋として今も活躍し、 2021年1月より甥である池田 拓視氏が5代目として就任。 伝統を継承しつつ、新しいデザインの包丁づくりに取り組んでいる。 

安立打刃物|5代に渡って受け継がれる伝統の技

並び替え:
フィルター
売切れ
安立 勝重 青スーパー鋼 文化包丁 和包丁 165mm 紫檀柄
¥28,900 (税込)
売切れ
安立 勝重 V金10号 磨き仕上げ ダマスカス 文化包丁 和包丁 165mm ナラ柄
¥35,900 (税込)
売切れ
安立 勝重 V金10号 ダマスカス 文化包丁 和包丁 165mm 紫檀柄
¥42,900 (税込)